カテゴリ : SEO関連のサイトペナルティ

ウエブマスターツールに新たな項目が追加

 

GOOGLEのウエブマスターツールの手動による対策に新たな項目が追加されたようです。

手動による対策に

上記 は正常な場合ですが、今回追加されたのは「画像の不一致」という項目です。

 

いままでは

・ハッキングされた場合
・クローキング/不正なリダイレクト
・隠しテキスト
・悪質なスパム
・質の低いコンテンツ
・サイトからの不自然なリンク
・サイトへの不自然なリンク
・ユーザー生成スパム
などが手動による対策の対象と伝えられていました。
この「画像の不一致」は、サイト内の表示画像と、Google画像検索で表示される画像が異なる場合。

つまり、直リンク(ホットリンクとも言います。)で画像を表示している事を指していると思われます。

しかし、適用された場合、どのように影響するかは、現時点で公表されていないようです。

 

他サイトの画像をサイトのサーバー内に保存せず、ソースを記載して直接表示する直リンクはご注意ください。

 

Google Safe Browsingでペナルティ判定

サイトまたはサーバーが知らぬ間に攻撃されマルウェアに感染し、それをGOOGLEに発見、危険サイトと判断され、サイトがペナルティを課せられる場合があります。
その危険サイトと判断されているかどうかを簡単に調べる方法があります。
Google Safe Browsing(セーフブラウジング)診断です。

イメージ478

http://www.google.com/safebrowsing/diagnostic?hl=ja&site=http://www.nagnao-ns.com
上記URLクリック後、
~site=http://www.nagnao-ns.comを貴サイトのサイトURLに置き換えて更新してください。
例:GOOGLEサイトの例
http://www.google.com/safebrowsing/diagnostic?hl=ja&site=https://www.google.co.jp/
これはGoogle社が提供しているマルウェアに感染しているか、または以前していたかどうかを調べるページです。
不正なソフトウェアが含まれていた場合は「現在の状況」に
「現在のところ、このサイトは疑わしくないと認識されています。」
と記載されます。

また、サイト内の外部リンク先がマルウェアや不正なサイトであった場合、そのサイトに協力、拡散していると判断され、同様にペナルティが課せられる場合ががあります。
要注意です。
もし急激にサイトの検索順位が圏外に下がった場合は、念のため調べる事をおすすめします。