カテゴリ : 内部施策

タイトルのガイドライン

Print

以前より、GOOGLEはHTMLのタイトル、titleタグの中身を実際に配置したキーワードではなく、自動的に作成し表示するようにしているケースがあります。

Google で推奨しているタイトル配置のガイドラインは下記になります。

○わかりやすいページタイトルを配置
○適切なメタdescriptions
○サイトの検索結果に DMOZ のデータが表示されないようにする

その中で「わかりやすいページタイトルを配置」について、
このような説明がされています

・具体的でわかりやすいページタイトル
曖昧なタイトルではなく、具体的なタイトルをつける。極端に長いタイトルは短縮され、一部しか表示されなくなります。

・キーワードを詰め込んだタイトルは避ける
タイトルに同じキーワードを何度も繰り返す事はプラスにはなりません。Googleから不正行為と見なされる可能性もあります。
短くページの内容が伝わるタイトルを記述しましょう。

・サイトの個別のページにタイトルを付け、同じタイトルや定型文を使用したタイトルは避ける
同じタイトルが複数のページで使用されている場合等はウェブマスターツールの中でエラーが表示されます。
ページごとにわかりやすいタイトルをつけましょう。

・検索エンジンのクロールの無効化ページに注意する
サーバーにrobots.txtを置き、GOOGLEのクロールをブロックできますが、他のサイトからリンクされた場合、Google はこのページをインデックスに登録する事があるようです。
そして、そのページを検索結果に表示する際、ページにアクセスできないため、他サイトのアンカーテキストなどページ以外のコンテンツを基にタイトルを生成表示するとか。
稀な例かもしれませんが注意が必要です。

これらを考慮し、適切なページタイトル記述を心がけましょう。

クローラを呼び込む

SEO Cubes

内部施策の2つの柱

・大切なのはコンテンツの質!
検索エンジンが順位を決定する際最も重要視しているのは間違いなくコンテンツの質。
だから、内部施策とは「良質なコンテンツを検索エンジンに適切に評価してもらうための施策」と言うことになる。

そこで、サイトのコンテンツを適切にクローラに評価され易い施策を先回説明した訳だが、もう一つ重要な要件がある。
今回はそのお話し。

・クローラの巡回頻度を上げる
これは、内部施策ではないとお考えの方もいると思うが、サイトを管理する側が行える施策になるのでここでは内部施策として考えます。

クローラに適切に評価してもらう方法が分かったとしてもクローラがサイトに訪れてくれないことには評価のされようがない。
ではどうしたらクローラが頻繁にサイトを訪れるようになってくれるのか?

・クローラを呼び込む
クローラの巡回経路は2つだけです。
①Google Web マスターツールからサイトオーナーがUPしたサイトマップを通じて
②既にインデックスされているサイトからのリンクを通じて

②は外部施策の部類に入ってくるので今回は①の説明ですが、これ基本の基本ですが、案外見落としている方が多いので確実に実行するようにしてください。

1.XMLサイトマップを送信する
XMLサイトマップを送信することでクローラが巡回するスピードを大きく短縮でき、通常では検出しにくい下層ページも
クロールしてくれます。特に、新設サイトで他サイトからのリンクがない場合など必ず行う必要があります。

2.更新の都度XMLサイトマップを送信する
新しいコンテンツを追加したり、以前のコンテンツに変更を加えた場合は、その都度サイトマップを送信しよう。
こうすることでインデックスされるコンテンツ数が増えて行き、確実にサイトの評価は上がって行きます。

・XMLサイトマップを送信する方法
Google Web マスターツールにログイン、ダッシュボードから[サイトマップ]→[サイトマップの追加]をクリック
サイトマップのURLを入力して「サイトマップを送信」をクリック

最後に
XMLサイトマップを送信してせっかくクローラに入ってきてもらってもサイト内の各ケージへの内部リンクがうまく貼られ
ていないとクローラはサイト内を巡回してくれません。
くれぐれもリンク切れを起こしているような事のないように。

また、理想はトップページから2クリック以内でサイト内の全てのページに行けるような構造になっているとクローラも隅々まで巡回しやすくなります。
同時に、パンくずリストを設定するなど案外当たり前のことが内部施策には有効な条件なのです。

Google Web マスターツールでは、クローラの巡回頻度を見ることができます。
コンテンツを追加しサイトが評価され始めると自然とクローラの巡回頻度は上がってきます。
1日平均100回前後クローラが巡回するようにるとSEO対策の効果も現れて来るようになります。

W3Cに準拠したページ作りを

S

クローラのサイト内巡回を効率よく行わせるための条件がW3Cに準拠したページ作りと言う説明は既にしましたが、もう少し踏み込んで。SEOの内部対策です。
ページが適切にインデックス、ロボットに認識され、コンテンツの価値を適切に評価してもらうことを考えてみよう。

クローラは、ホームページにアクセスするとheadタグ内の情報をまず分析し一番強く認識します。
headタグとはHTML内でで囲まれた部分です。

そして、このページはどんな内容を伝えようとしているのか認識しようとします。
まあ、人間で言うなら第一印象でしょうか!?
でも、この第一印象が思いのほか大切なのです。
一度抱かれた印象(評価)を後から覆すのは結構大変だったりもしますから、何事も最初が肝心と言う事です。

タイトル、メタタグ設定の基本
検索エンジンが一番重要視しているのがタイトルです。
普通に考えれば、そのページに書かれている内容をまとめたものがタイトルになるわけですから当然と言えば当然ですが、クローラの性質から
めんどくさがり屋のクローラはページ内の長いテキストを読み込むよりも、短いタイトルやdescriptionを見てさっさと先に進んで行くせっかちな性質を持っているとも言えそうです。

本でいえば、本のタイトルと帯紙に書かれたキャッチコピーだけ見てこの本はこんなことが書かれていると判断し手にも取らないで去ってゆくやつです。

ですから、第一印象でこのページはこう言う内容のページだとタイトルやdescriptionで印象付けることが重要なのです。
ページタイトルにキーワードが含まれていないという事はSEOの対策では論外です。

尚、タイトルやdescription・h1タグでは文章の前方に狙っているキーワードを配置する方が強く認識されると言われています。

description
descriptionは検索結果に表示されるサイトの説明文で、検索結果のタイトルの下に表示される文章です。
本来これは、検索したユーザにサイトの内容を分かりやすく説明するためのものですが、クローラもここは強く認識しています。
ユーザーを考えクリックしたくなるような魅力的なサイト説明文を記述することも重要ですが、同時にキーワードを配置した説明文であることが重要です。

本文の記述
1ページ1キーワードで設定
とかくページには出来るだけ沢山の文章を書き、あれもこれもと幾つものキーワードを入れてしまいやすいものです。
しかしそれではテーマが薄れてしまい、どのキーワードも適切に認識されないという結果になってしまいます。
このようなことを避けるためにも、1ページにつきコンテンツは1つのキーワードで対策するように意識しましょう。

見出しの有効活用
前述したように、「見出し」があるとユーザだけでなく検索エンジンにも非常に分かり易いものになります。
サイトではその役割を担うのがhタグです。

まず、h1タグがそのページのテーマを決める「大見出し」となり、h2タグが「中見出し」です。
検索エンジンはhタグを重要視し、hタグに含まれるキーワードをページに関連性の高いキーワードと認識するようになっています。

以上のように、検索エンジンにサイトを強く認識させるにはサイト・ページのコンテンツを分かりやすく細かく分ける必要があります。
逆にいえば似たページの存在はSEOには逆効果と言う事です。
ましてや、同じページタイトルやdescription、h1タグなどを使っているページがあるサイトの評価は極めて低くなるという事も忘れないでください。

検索エンジン最適化は正しいHTML書式から

SEO optimization. 3D illustration. Isolated

SEO施策(検索エンジン最適化)の方法には、内部施策と外部施策が有ることはすでにご承知のことと思いますが、
内部施作に関しては制作前からSEO(検索エンジン最適化)を考慮したサイト設計が大切です。

内部施策の基本は、HTMLタグの最適化ですが、今回はW3Cについてのお話です。

W3C正式にはThe World Wide Web Consortiumという組織で、WWW(World Wide Web)で使用されるさまざまな技術標準を定めそこで決定された規格をW3C勧告と言っています。

簡単に説明すると、世界の専門家が集まって、ウェブサイトの技術の標準化を進めている組織です。
これは、SEO施策をする上では重要な要素となります。

ではなぜなのか?

検索エンジンのロボット(クローラー)は、人間のようにWebページを視覚的に捉えるのではなく、Webページに含まれる
テキスト情報を収集して、どのような情報を提供しているページかを評価しています。
この評価を上げる作業が、SEOの「内部施策」になるのですが、その際ロボットが入ってきてもページの内容が正しく読み
取れなければそのサイトは正しく評価されません。
せっかく重要な情報が掲載されているページでもロボットに見落とされてしまうという事ですね。

そこで、効率よくロボットに認識させる方法がW3Cに準拠したページ作りと言う事になるわけです。
ロボットはド○キーのようなお店に入って行って自らどこにどんな商品があるのかゆっくり見て回り楽しみながら探す能力は
持ち合わせていないという事です。

ロボットに正しくサイトを評価してもらうための手段がW3Cに準拠したページ作りです。

W3C勧告の原文は英語文書ですが、有志ボランティアによるW3C勧告日本語訳が公開されています。
皆さんもHTMLやSEOを理解する為に一度読んでみては。

W3C勧告日本語訳
http://www.w3.org/Consortium/Translation/Japanese

SEO施策で使えるW3C構文チェック

自分の作成したページをW3C構文チェックするには以下のサイトが使えます。
ページ中に規格に準拠していない部分がある場合ツール上にエラーが表示されます。
ただ、エラーがあるからといって、必ずページを修正しなければいけないというものではありません。
参考にしながら制作を進めてゆけば良いのです。

HTML、XHTML のチェック
http://validator.w3.org/

内部施策は、マイナス要素を出来るだけ減らして行くという積み重ねですから、余りにも点数が低い場合は
上げる努力も必要です。

サイト内のリンク数について

SEO Sign

 

ホームページ、サイト内のリンク数、サイト外、他サイトにリンクされている数のバランスは重要です。

 

 

それぞれのリンクは過剰であれば、検索エンジンに嫌われますし、

何もしなければ、最適化していないと見られます。

 

見落としがちなのが、サイト内のリンクバランスです。

 

サイト内部のリンクを増やす方法は、新しくページを作成するしかありません。

しかし、内容がない、価値のないような内容が薄いページは意味がありません。

 

 

SEO対策で検索順位を上げたい場合は、まず、価値のあるページを作成し、サイトの評価を高める努力をしましょう!