ブログTOP > 内部施策 >

SEOタイトルのガイドライン

SEOタイトルのガイドライン

Print

以前より、GOOGLEはHTMLのタイトル、titleタグの中身を実際に配置したキーワードではなく、自動的に作成し表示するようにしているケースがあります。

Google で推奨しているタイトル配置のガイドラインは下記になります。

○わかりやすいページタイトルを配置
○適切なメタdescriptions
○サイトの検索結果に DMOZ のデータが表示されないようにする

その中で「わかりやすいページタイトルを配置」について、
このような説明がされています

・具体的でわかりやすいページタイトル
曖昧なタイトルではなく、具体的なタイトルをつける。極端に長いタイトルは短縮され、一部しか表示されなくなります。

・キーワードを詰め込んだタイトルは避ける
タイトルに同じキーワードを何度も繰り返す事はプラスにはなりません。Googleから不正行為と見なされる可能性もあります。
短くページの内容が伝わるタイトルを記述しましょう。


 

[PR]ZEH(ゼッチ)の電気代やZEHで使える補助金はZEH(ゼッチ)の電気代やZEHで使える補助金はZEH(ゼッチ)の電気代やZEHで使える補助金は


 

・サイトの個別のページにタイトルを付け、同じタイトルや定型文を使用したタイトルは避ける
同じタイトルが複数のページで使用されている場合等はウェブマスターツールの中でエラーが表示されます。
ページごとにわかりやすいタイトルをつけましょう。

・検索エンジンのクロールの無効化ページに注意する
サーバーにrobots.txtを置き、GOOGLEのクロールをブロックできますが、他のサイトからリンクされた場合、Google はこのページをインデックスに登録する事があるようです。
そして、そのページを検索結果に表示する際、ページにアクセスできないため、他サイトのアンカーテキストなどページ以外のコンテンツを基にタイトルを生成表示するとか。
稀な例かもしれませんが注意が必要です。

これらを考慮し、適切なページタイトル記述を心がけましょう。