TOP >

ロングテールSEO

ロングテールSEO

「ビッグキーワード」の検索上位表示はもちろん効果がありますが、検索数が多く、サイトのボリュームや知名度も含め、時間や費用も要します。

そこでおすすめなのが、順位を上げやすい複合キーワードや関連するキーワードで手広く対策し、多くのワードで検索順位上位にする事によりアクセス向上を目指す方法です。

一般的に「ロングテールSEO」と言います。
検索数が少ないキーワードで上位を目指し、手広くユーザーを獲得するのです。

ロングテールSEOイメージ

ロングテールSEO対策のメリット

GOOGLEなどの検索エンジンでの上位表示が狙いやすい

ミドルキーワード、スモールキーワードは、検索ボリュームや競合性が少ないので、ページの最適化等の内部対策、内容のあるページを追加する事により、費用を抑えた形で上位表示を狙える可能性があります。新しい内容のあるページを作成し、アクセス数と検索エンジンの評価を高めていきましょう。サイトの評価につながります。

お問合せ率、コンバージョン率が高い

ニッチな市場などの検索ワードは、ユーザーのお問合せ率、コンバージョン率が高い傾向にあります。検索ボリュームが小さいキーワードでもユーザーが検索しそうな単語を選定し、キーワードに特化し、わかりやすいページを増やすことでアクセス数増加を期待できます。
※コンバージョン率
…WEBなどでの成約率。商品ページの目標を達成したコンバージョン数を商品ページのアクセス数で割った割合等

アルゴリズム変更の影響をうけにくい

検索エンジンのアルゴリズム更新により検索順位が下がってしまう場合があります。
もし、TOPページのみでアクセス、集客を考えていた場合はどうでしょう。サイトの運営にも影響するかもしれません。
しかし、TOPページ以外のページでアクセス、集客できていれば、アルゴリズム更新の際に例えTOPページに影響があった場合でも大きな影響を受けにくいと言えます。

サイトの主要となるビッグキーワードのアクセスも大切ですが、それだけに目を奪われず、ページ毎に価値ある内容を掲載しサイト全体の評価を高めていく事が大切です。まずは個別ページの最適化を行い、検索順位上位を目指してみては如何でしょうか?